図面と模型

収益物件を探してみよう|がっぽり稼ぐには粘り強く見つける

スーツの男性

賃貸業の注意

不動産の活用方法、賃貸管理を任せられるサービスには様々な種類があります。依頼すれば家賃の集金、クレーム対応、入居者の募集などを任せる事ができます。ノウハウが無い人でも物件を活用しやすくなるのが特徴といえます。

困る私服男性

家賃の単価

賃貸物件を探す上で、家賃相場からエリアを絞り込むことは必要です。けれども、現地に足を運ばなければわからないことが多くあります。相場は安くても、実際には住んで便利な地域は多くあるので、現地に足を運ぶことは大切です。

まずは少額で始めよう

マンション

注目度が上がっています

中古ワンルームマンション等の収益物件を保有して資産運用をしようとしている人が増えています。都市部の中古ワンルームマンションの価格は5年前に比べて、2割から3割上昇してきました。今後も価格の上昇はしばらく続くと予想されています。もしも、これから中古ワンルームマンションを買おうと考えているのであれば、中古ワンルームマンションよりも、上場不動産投資信託でまず様子を見ることをお勧めします。上場不動産投資信託はマンションやオフィスビル、商業施設などの収益物件で運用する金融商品です。不動産投資と同じ収益構造ですが、保有している収益物件は優良なものが多く、運用利回りも安定しています。個人で収益物件を買うよりもリスクが小さいと言えます。がっぽり稼ぐには粘り強く見つけるようにしましょう。

価格は安定しています

現在、上場不動産投資信託には追い風が吹いています。一つは中央銀行による上場不動産投資信託の買入れです。中央銀行は市場にキャッシュを放出するために、国債だけでなくETFや上場不動産投資信託を積極的に購入しています。このため、上場不動産投資信託の投資口価格は安定しており、株式とは異なる動きも見られます。2つ目はマイナス金利の導入です。上場不動産投資信託は多額の借入をしているため、金利が少し下がっただけでも収益に対するインパクトは大きくなります。現段階では、比較的安心して投資できる金融商品と言えます。上場不動産投資信託は数万円から100万円程度で投資をすることができるため、投資初心者にも適しています。

メンズ

家賃保証してくれる契約

マンション経営のリスクは空室です。オーナーは不動産会社とサブリース契約を結ぶ場合があります。これは空室が出た時に不動産会社が家賃を保証してくれる契約です。ただし立地のよいマンションに限られます。オーナーは不動産会社に家賃の1割から2割を支払うのですが、業者の選び方でその費用を減らすことができます。